第三者の専門家から受ける住宅相談へ

消費税が上がる!人生で一番大きな買い物は【マイホーム】です。
車ももちろん高い金額ですが、やはり一番大きな金額は【マイホーム】ではないでしょうか?!
マンションにするか、一戸建て。で悩み、さらには一戸建ても土地取得から注文住宅。その他には建売住宅や中古物件。と『マイホーム』には種類もたくさんあります。誰もが共通していることは『納得のいく物件』を選びたい!!ということです。そしてもちろん『失敗しない住宅購入』です。

悩んで当たり前

住宅物件を購入する時に悩みますよね。もちろん悩みます。気に入った物件だけど、本当にこの物件でいいのだろうか?!
新築マンションを購入するとします。マンションギャラリーにいけば、契約済みの花がついていると焦ります。こんなに物件が決まっているなら、もう決断を下さないといけないのだろうか?!
新築マンションで物件を探していた場合でも、中古マンションも見るべきです。そしてマンションの他にも一戸建てや中古住宅も見てください。
もちろんその逆もあります。一戸建てをさがしていたとしても、マンションも見てください。いろいろな物件を見ることで、考え方も変わってくることが良くあるからです。何が何でも一戸建てが良い!と考えていたけれども、マンションにした。という方もいらっしゃいます。なにも固辞するする必要はありません。
柔軟に考えるべきです。そのために「どんどん悩む」べきなんです。いろいろな物件を見ることで、比較対象することができます。そして何よりも『住宅を見る目』が養われるからです。

営業トーク

いろいろ悩んでいると、営業の方に「あまり物件を見すぎると買えなくなりますよ~」と言われるかもしれません。または「人気のある物件なので…」とそれとなく、他の方が興味を持っているようなニュアンスをかもし出してくるかも知れません。それに乗ってはダメです。
「あの時営業マンのトークに乗せられてしまった…」と購入してから後悔しても手遅れです。そんな後悔をしないためにも『しっかり悩み』ましょう。
住宅の営業は、高級ブティックや車のディーラーと大きく違うところがあります。それは『住宅にはリピーターはいない』ということです。
高額な物件を扱うだけに、やっぱり気に入らないから別の物件…と買い換えることはほとんどないのです。もちろんリフォームしたり、買い替えることもありますがその場合でも数十年先です。車のように車検が切れるときに買い換えるなんてことはないので、住宅購入のリピーターはまずいないので、契約するまではとっても親身になって話をしてくれた営業マンなのに、住宅購入をきめたら急に対応が悪くなった。なんて話を耳することも事実あります。
住宅販売の営業マンは、歩合制だったり出来高制だったりします。販売した実績が給料に跳ね返ってくるので、自分の給料のことを考えて住宅購入をする人に話しをします。どこかで物件を購入されるならば、自分が売りたい。と思っています。営業マンは契約までが勝負だ!と思っているので、自分の物件がいかに良い物件なのか。と契約をしてもらおうと思うために一生懸命話します。
新築マンション販売を担当している営業マンは、一戸建てのデメリットを並べます。そして一戸建ての知識もそんなに詳しくありません。素人と同じぐらいだと思っても良いかもしれません。(もちろん中には一戸建てを販売していて知識豊富な方もいる)新築マンションを買えば、中古マンションよりも減税が受けられる…新築マンションのメリットと自分が担当している新築マンションの素晴らしさを並べます。
住宅展示場に足を運んで、気に入ったハウスメーカーがあるとします。家を建てるならここが…と思うかもしれません。ハウスメーカーは土地探しももちろんしてくれますが、注文住宅もいろいろあってできれば高額なもので契約してもらいたいと思います。ある人は気に入ったハウスメーカーで契約をしました。もちろん土地も決めました。ハウスメーカーである程度高額な物件で注文住宅を建てることを契約したあとに、土地の土台となる地盤を調べてみたら地盤強化の必要が出たので追加出費数百万円掛かることになりました。
こんなに地盤強化にかかるのだったら、もっと物件の価格は抑えたかったとオーナーさんはこぼしていました。もちろんローンとなって、月々の支払いにかかる費用も予定していた金額よりも跳ね上がったといっています。ハウスメーカーの営業は自社の建物に関しては詳しくても、土地に関しては素人です。

第三者の専門家

知人や友人に建築関係者がいるから、一緒に気に入った物件に足を運んでもらった。という話を聞きませんか。建築関係者といってもとても幅は広いです。
相談に乗ってもらった知人や友人が本当のプロフェッショナルではない可能性も十分にあります。
よくある話が、「知人の工務店に家を建ててもらったら欠陥が多かった」知人や友人との関係を気にするために、補修もお願いするのが難しい…と今後の付き合いにも影響を与えてしまいます。
もちろん知人や友人も騙すつもりはありません。ただプロフェッショナルではなかったということです。「不動産会社で勤務しているからプロ」「建築会社だからプロ」ということではないということです。前述のハウスメーカーで物件を決めた後に地盤を調べたら、地盤強化の必要が出たというケースもあります。
最近は物件を購入する前に、ネットで検索してある程度絞ってから現地へ足を運ぶ方も多いので、ネットで検索してみてください。欠陥 ハウスメーカーの社名で検索するとたくさんの事例を見ることができます。他の人の事例をよく見てみると、より慎重に物件選びができると思います。
そして最近多いのが、住宅を購入する人が第三者の専門家にお金を支払ってこの住宅が大丈夫かどうかの診断をしてもらうことができます。
第三者に依頼することで、購入相談に住宅検査そして住宅審査をしてもらいます。もちろん有料になっていますが、住宅はとても大きな買い物です。3000万円をローンで借り入れるとして諸経費などに金利を含めると、支払い期間によっても金額は変わってきますが3000万円の借り入れでも、4500万円~5000万円の総支払金額を月々に25年ないし35年というの長い期間を支払うことになります。
それだけの大きな買い物です。しかもリスク(欠陥など)を含んだ買い物です。まして購入する側は、これが初めての購入です。この物件を売りたい。と思っている不動産会社は、売りたいがためにリスクについてはあまり説明をしません。ただし、購入する側に焦らすことはします。どんな物件でも良いことばかりではありません。なにかしらあるはずです。その「何か」を探るために、プロフェッショナルの第三者の専門家に住宅購入の依頼をする必要があるということがお分かりなりますか?!

住宅診断会社の選び方

第三者の専門家にお願いしようと思ったときに、どこに依頼すればいいのかな?!というのもあります。
ちなみに住宅診断もしくは住宅検査をする業界(ホームインスペクション)には、特になにかの資格がないと事務所を開くことが決められていないんです。
住宅診断をする会社を始めよう。と思ったときには、誰でも始めることができます。最近の傾向では、リフォーム会社がリフォーム営業するときに有利だからといった理由だったり、中古物件を扱う会社が販売に有利だからといった理由でひとつの窓口として住宅診断会社を始めるようになっています。リフォーム契約を取りたい。物件を売りたいといった商売道具とする会社も存在することを認識してください。
建築士であれば安心という訳でもなく、現場管理だったり設計や工事管理をしていた経験があるかないかも依頼するときに確認することが必要です。
そして大きなビルなどを設計してきたという人であれば、木造の経験はないのでビルのことは分っても一般的な住宅の知識はあっても経験はないことになります。
内装工事をずっと手がけてきたから詳しいというい方もいます。でも内装工事と建物の構造のことはよくご存知とは思えません。診断を下すときには、建物構造に関しても診断を下してもらう必要があります。リフォームといっても、その種類はとても幅広いので間取りや水周りを大幅に変えたりするのもリフォームですし、建物構造を強化するためのリフォームもあります。
絶対条件としては、【建築士の資格を保有している】ことが絶対条件です。建築士にも種類があって一般的には一級建築士と思いますが、その他にも二級建築士・木造建築士という資格があります。一般的には木造住宅であれば、一級建築士ではなくても二級建築士・木造建築士でも十分な知識があります。

木造建築士
都道府県知事の免許を受けて、木造建築士という名称を使って木造の建築物に関しての設計・工事監理等の業務を行います。木造の建築物で、延べ面積が100m²を超えるものを新築する場合は、一級建築士、二級建築士又は木造建築士でなければ、その設計や工事監理をしてはならない決まりになっています。木造建築士は、木造建築物で延べ面積が300m²以内、かつ2階以下のものを設計や工事監理をすることができます。
二級建築士
都道府県知事の免許を受けて、二級建築士の名称を使用して、設計工事監理などの業務をおこないます。具体的には、一定規模以下の木造の建築物と鉄筋コンクリート造といった日常生活に最低限必要な建築物の設計、工事監理をすることができます。
住宅診断士
こちらは民間の資格となります。リフォーム会社や不動産会社が営業活動するときの肩書き的に使うツールとしての役割もあるので、国家資格があるかどうかを名刺などで判断するとより安心ですね。国家資格の建築士資格を取得されている場合は、必ず名刺などに表記しています。
リフォーム会社が営業するために運営している会社ではないか。不動産会社が物件を販売するための住宅診断会社ではないか。
と依頼する会社が、本当の第三者かどうかを必ず見極める必要があります。不動産会社やリフォーム会社が運営している住宅診断会社であるならば、何のための第三者の専門家に依頼したのかその意義は失われてしまうからです。

家族構成

物件選びをするときには、家族構成も考慮してどのような広さが必要なのか。どのような間取りがいいのか。などを考えながら物件を探していくと思います。
夫婦のどちらかが遠方に住んでいる場合には、来客したときに宿泊するかどうかというのもポイントになるかもしれません。
いろいろな物件を見て『目を肥やすこと』はとても大事なことですが、自分たちの要望をどれだけ満たしているか?!ということを冷静に確認する必要があります。
100パーセント自分たちの希望する物件を見つけることは、なかなか難しいのが現実だからです。 新築マンションなどの場合は、モデルルームマジックにかかってしまい4人家族だったにも関わらずリビングの広さに心を奪われてしまい、そのままあれよあれよという間に契約をしてしまい生活を始めてやはり4人家族で2LDKは無理だった…という話も実際にある話です。
モデルルームはとても素敵です。素敵な調度品に囲まれています。でもモデルルームには生活するための物がすべてありません。もちろん冷蔵庫やソファーなどは置かれていますが、実際に生活するとなるとかなりの量の荷物が必要となって当然部屋に収めなくてはなりません。
この物件だ!とかなり気に入る物件があった場合でも、お子様が小さい場合には特に注意が必要です。
子供は当たり前ですが成長します。同じテーブルに座っていた場合でも、子供が成長すると、現在使っているテーブルも手狭になる可能性が高くなります。そして冷蔵庫なども、子供が大きくなると食べる量も増えるので冷蔵庫も大きいタイプに買い換えるかもしれません。親の指導方針でも変わってきますが、将来子供に個室を与えるかどうか?!といったことも考える必要があります。
窓がいっぱいだから明かりがたくさん入ってきていい。と思うかもしれませんが、窓が多いとそれだけ家具を置くことが難しくなります。夫婦2人の状態で家なりマンションを購入する場合は、2人のことだけを考えればいいのですが、将来子供ができた時のことも考慮するのもはもちろん、子供が成長したときのことも考えながら物件選びをするときに自分たちの希望として妥協抱きない部分など考える必要があります。

[!]物件選びに失敗する前に読もう!